人気美白化粧品メインイメージ

美白の人はみんなやってる!美白スキンケアは基礎化粧品から

街で見かける色白の人、透明感のある肌を持つ友達、羨ましいですよね。
彼女たちのように美白になりたい!と思ったこと、一度はあると思います。

あなたは美白のために普段何をしていますか?
自分は色白になりにくい肌だから…と諦めていませんか?
美白になるには、実はコツがあるのです。

美白になりたいのならまずはスキンケアから。肌を整えるために基礎化粧品から変えなくてはいけません。

紫外線をケアしたり、色白になる食べ物を食べるのも大切ですが、それ以前に肌の調子が良くないと肌は白くなってくれないのです。お肌を健康な状態に戻し、しっかり機能させてあげないと、美白なんて夢のまた夢。

家を建てる時も、土台がしっかりしていないとちゃんとした家は建ちませんよね?
それと同じで、肌も美白になるための土台を作る所から始めねばならないのです。

基礎化粧品を使って肌に十分な水分と油分を与え、肌のセラミドを増やしましょう。
セラミドとは肌を保湿して、肌を守る役割をする肌の角質層の事。
この土台を築くためにも、セラミドを増やしてあげる美白化粧品が必須なのです。

逆にセラミドが減ってしまうと、敏感肌を引き起こして、美白ケアどころではなくなってしまいます。

顔のくすみを取りたい人、とにかく美白になりたい人、シミ・そばかすを消したい人も、どんな理由の元になるのが基礎化粧品なのです。

お肌を整えてくれるのに抜群の美白化粧品を紹介します。

アヤナス

美白化粧品効果1位アヤナス

アヤナスはお肌の土台を整えるのはもちろん、敏感肌ケアとエイジングケアも同時に行ってくれる優れもの。
肌のバリア機能を高め、ハリと弾力のある美しい肌に導いてくれます。
セラミドの生産量は年齢と共に減少していくので、美白をしたい人にはエイジングケアが大切です。
低刺激なので、敏感肌の人でも安心して使える点も◎
シワが気になってきた人、アンチエイジングもして美白もしたい人にはおススメの化粧品です。

美白化粧品効果1位アヤナス商品レビュー

サエル

美白化粧品効果2位サエル

サエルは敏感肌の人のための美白化粧品とも言えるほど、肌に優しく美白をサポートしてくれます。
「敏感肌は美白が効きにくい」そんな声から研究されて開発された美白化粧品なので、お肌が弱い、肌トラブルを抱えている人でも安心して使うことができます。
特に敏感肌や乾燥肌の人に不足しがちなセラミド。
サエルはそのセラミド生産を助け、より美白になりやすいお肌に変えてくれます。

美白化粧品効果2位サエル公式HP
美白化粧品効果2位サエル商品レビュー

エリクシールホワイト

美白化粧品効果3位エリクシールホワイト

シミやそばかすに悩む人に使ってほしいのがエリクシールホワイトです。
シミやそばかすを予防する厳選美容成分が含まれていて、シミの原因になるメラニンの生成を抑えてくれます。
肌本来の明るさや透明感を引き出してくれるので、パッと明るい肌を手に入れる事ができます。
肌がワントーン明るくなり、ファンデーションの色も明るくなったと人気の化粧品です。

美白化粧品効果3位エリクシールホワイト公式HP
美白化粧品効果3位エリクシールホワイト商品レビュー

失敗しない美白化粧品の選び方

①自分の肌に合った化粧品を選ぶ

いくら評判が良くて有名な化粧品でも、自分の肌と合わなかったら意味がありません。
お肌が荒れてしまうのを避けたいのはもちろんですが、高いお金を出して損をするのも避けたいですよね。
そのためにも自分の肌質に合った化粧品を選ぶようにしましょうね。
また今ではサンプルやお試しセットなどを出している化粧品メーカーも多いので、それを有効活用するのもおススメです。

②肌の土台作りをしてくれる

美白をするには肌の土台からきちんと作ると言ったように、肌の基礎を作る手助けをしてくれる化粧品を選びましょう。肌機能を正常に戻す、ターンオーバーを促進する、肌トラブルを改善するなどの効果があるものが良いでしょう。美白ケアが毎日のスキンケアを兼ねていればなお良いですね。

③美白効果のある成分が入っている

自分の肌に合っていて肌の土台を作ってくれるだけでは少し物足りませんよね。
美白効果のある成分が含まれている化粧品なら、お肌を正常に戻したうえで美白もできるのでかなり大きな効果を得られます。シミを薄くする、肌を明るくする、透明感を出すなどの効果が期待できそうな化粧品を選びましょう。

出典:30代人気美白化粧水ランキング

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら

美白のための洗顔料・洗顔石けん選びとは?

美白を目指す人にとって、洗顔料や洗顔石けんは、とても慎重に選びたいアイテムの一つです。
お肌を白く美しく見せるためには、くすみやシミの原因を蓄積させないことが大切です。
そのためには、何といっても、毎日の洗顔を丁寧に行わなければなりません。
美白のためには、どのような洗顔料や洗顔石けんを使えばよいのか、早速チェックしてみましょう。

美白洗顔にスクラブは必要?不要?

美白のための洗顔と聞いて、多くの人がまず思い浮かべるのが、ツブツブの入っている洗顔料ではないでしょうか?
このツブツブ、「スクラブ」という名称で知られていますよね。
このスクラブで毛穴の汚れを取り、肌のくすみや黒ずみを解消できるということで、「いかにも美白に効果がありそう!」と感じる人も多いことでしょう。

でも、実は、このスクラブ、毎日洗顔に利用してしまうと、美白には逆効果になってしまうおそれもあるのです。

美白の天敵、シミ。
シミの原因は、様々ですが、お肌への刺激もその一つです。
スクラブは、お肌と擦りあわせることで、毛穴の汚れを取ろうとするもの。
この摩擦が、かえってシミを引き起こす要因となってしまう可能性があるのです。

特に、大きな粒の入っているものは要注意です。
刺激が大きい上、その割には、奥の汚れが取れず、美白という結果に結びつけるのは、なかなか困難でしょう。

さらに、そんな摩擦を毎日、お肌に与えていたら…。
美白どころか、あっという間にお肌はシミだらけになってしまうかも知れません。

また、近年、アメリカなどを中心に、このスクラブの中には、有害物質が含まれているものもあり、環境にも悪影響を与える可能性があるとして、使用を制限する動きもあります。
もちろん、全てのスクラブ洗顔料が危険というわけではありませんが、注意したいところです。

美白のために、スクラブ入り洗顔料を毎日使っているという人は、この機会に思い切って見直してみてはいかがでしょうか。

本当に美白効果のある洗顔料・洗顔石けんの条件とは?

それでは、本当に美白に効果のある洗顔料や石けんとは、どのようなものなのでしょうか。
ポイントを確認してみましょう。

まず、美白というからには、お肌の汚れをきっちりと落とすものでなければなりません。
くすみをなくすことが、お肌のトーンを一段階明るくする第一歩なのです。

次に、シミ対策です。
全体的にお肌が白くなっても、目立つ位置にシミがあっては、美白美肌には程遠いものです。
シミの原因となる、メラニンの生成を断ち切る洗顔を心掛けることが重要ですね。

つまり、美白洗顔の基本は、くすみや毛穴汚れという「全体」とシミという「部分」に働きかけることだといえるでしょう。

これぞ美白洗顔料!「20年ほいっぷ」試してみて♪

アラサー・アラフォー世代が美白を目指すとき、決して忘れてはならないキーワードがあります。
それが、「保湿」です。
私たちのお肌の美しさの源は、すべて保湿にある、といっても過言ではありません。

洗顔の後、何だか顔がつっぱるという経験をしたことはありませんか?
もしかすると、洗顔とはそんなものだ、と諦めている人も多いのかも知れませんね。

けれども、決してそんなことはありません。

美白洗顔におすすめのつっぱらない洗顔料を紹介しましょう。

二十年ほいっぷ
「20年ほいっぷ」


この洗顔料、泡に特徴があります。
普通の洗顔料は、泡立てると、量の違いはあるものの、多少の気泡が見られますよね。

でも、この「20年ほいっぷ」は違います。
目では全く気泡が確認できず、滑らかな泡は、思わず頬ずりしたくなるほどです。

お肌の隅々まで汚れを取ろうと思ったら、ゴシゴシと擦らなければ…。
もし、そう思っている人がいたら、それは大きな間違いです。
お肌の微粒子レベルの汚れは、目に見えないほど細かい気泡の泡で優しく包み込んで落すのが、正解なのです。

しかも、この「二十年ほいっぷ」、洗い上がりも抜群です。
北海道でチーズを作るときにできる「ホエイ」という潤い成分を含んでいますので、洗顔の後も、お肌はモチモチ。
今までの、洗顔の常識を覆す洗顔料といえるでしょう。

あなたにピッタリの美白洗顔料を探そう!

私たちは、子どもの頃から、クレンジングや化粧水は使わなくても、洗顔は毎日欠かさず行ってきました。
そのため、その他のスキンケア化粧品にはお金をかけるのに、洗顔料や洗顔石けんだけは、深く考えずに選んでいる、という人も少なくありません。

確かに、小さい頃、若い頃は、それでよかったのかも知れませんが、美白を望むアラサー・アラフォー女子の場合は、そういうわけにはいきません。

ぜひとも、二十年ほいっぷを使ってみてください。

美白洗顔二十年ほいっぷ

意外と難しい?!美白のためのクレンジング選び

美白化粧品と聞くと、スキンケアの際に使う美容液や、メイクアップの下地に使うUVカットクリームなどを思い浮かべる人が多いですよね。
でも、美白を志す人にとって、しっかりと選びたいのがクレンジング剤です。

クレンジングは、いわば一日のリセット。
明日もキレイな美白美肌で過ごすためには、毎日の汚れを丁寧にクレンジング剤で洗い流さなければなりません。

それならば、しっかり落ちる強いクレンジング剤を使えば良いのか、というと、話はそれほど一筋縄ではいかないもの。
あまりにも強すぎるクレンジング剤は、美白どころか、かえってお肌をボロボロにしてしまう、諸刃の剣でもあります。

化粧水や美容液、クリームなどは、美白に効き目がなくても、それがすぐにお肌の害になるということは少ないですよね。
でも、クレンジング剤は、選び方を間違えると、お肌にとって、即、マイナスになってしまう可能性があるのです。

美白を目指す人にとって、クレンジング剤は、サジ加減が大切です。
それでは、具体的に、どんなクレンジング剤が、美白にとってプラスになるのか、確認していきましょう!

美白のためのクレンジング剤、どのタイプを選ぶ?

今、巷では、いろんなタイプのクレンジング剤が発売されています。
オイル、ジェル、ミルク…、さらには、シートタイプまで、お店の化粧品コーナーをちらっと見ただけで、どれを選べば良いのか迷ってしまうほど、種類が豊富です。

もちろん一概にはいえませんが、これらのクレンジング剤は、その形状によって、落ち具合がだいたい決まっています。
一般的に、メイクを落としやすい順に、「オイル→ジェル→クリーム→ミルク」となっています。

「美白のためには、しっかりと汚れを落とさないといけないから、オイルタイプを選べばいいんだ!」と考えてしまうのは、早とちり。
メイクを落としやすい順というのは、同時に、お肌を傷つけやすい順ということもできるのです。

「それならば、お肌に優しいミルクタイプを…。」となるわけですが、これまた、問題があります。
確かに、ミルクタイプはお肌への刺激が少ないことが多いですが、メイクが落ちにくいのも事実です。
きちんとオフできていないメイク成分が毎日蓄積されると、それこそ、美白の妨げになってしまいますよね。
だからといって、「きっちり取らないと…。」と何度も繰り返し擦ってしまっては、ミルクタイプのクレンジング剤自体に刺激が少なくても、手による刺激が加えられてしまいます。

さあ、困ったことになってきましたね…。
美白のためには、どのタイプのクレンジング剤が最も適しているのでしょうか?

クレンジングの使い分けが美白への近道!

よく落ちるクレンジング剤は刺激になり、刺激の少ないクレンジング剤は落ちにくい、というジレンマを解消する方法は、「クレンジング剤の使い分け」です。

私たちの化粧ポーチの中を見てみましょう。
アイメイクやリップメイクのアイテムは、絶対一種類しか使わない、という人は少ないのではないでしょうか。
結婚式やパーティなどのメイクと仕事用のメイク、休日にコンビニまで出かけるメイクは当然バラバラです。
ちゃんとメイクアイテムは「使い分け」していますよね?

それなのに、私たちは、クレンジング剤に関しては、ついつい一本で済ませてしまおうと考えがちです。
ここに、美白を妨げる、大きな落とし穴があったのです。

例えば、お休みの日のナチュラルメイクやクレンジングが必要な日焼け止めだけを使用した日は、ミルクタイプのクレンジング剤で、サッと一流しするのが、美白クレンジングの秘訣です。

バッチリメイクや勝負メイクで決めた日は、オイルタイプを使ってしっかりと、でも、決して擦らずにオフするのが賢いやり方。
ミルクタイプよりは、刺激が強いかもしれませんが、何度も洗うよりは、よっぽど美白美肌のためになります。

心の底から美白を目指したい!
本当にあなたがそう考えるのであれば、クレンジング剤は、メイクアイテムと同じように、シチュエーションの数だけ揃えるのが、美白美人の常識といえるのかも知れません。



美白成功へのカギは化粧水が握っている?!

スキンケアをするときや、メイクアップするときのことを想像してみてください。
まず一番にお肌にのせる化粧品は何でしょうか?
化粧水、と答える人が多いですよね。

そう、化粧水は、あらゆる化粧品のトップバッター。
生まれたままの真っ新のお肌に使うのですから、何をおいても、化粧水にだけはこだわって使いたいものです。

美白美肌を目指す人にとっても、化粧水は、上手に選べば強い味方になってくれる頼もしいアイテムです。
けれども、逆に、選び方を誤れば、その後にどんな高級な美白美容液や美白クリームを使ったとしても、その効果は半減してしまうかも知れないという、責任重大なアイテムでもあります。
美白美容液や美白クリームの良さを引き出せるかどうかは、化粧水にかかっているといっても、過言ではないのです。

今回は、そんな美白のための化粧水の選び方について、考えてみることにしましょう。


美白のための化粧水の役割とは?

美白美肌を保つためには、基礎化粧品が重要です。
その中でも、真っ先にお肌に使うことが多い化粧水は、どのような基準で選んでいけばよいのでしょうか。

化粧水と聞くと、「水」という字面から、「水分」を与える役割があると考える人も多いのではないでしょうか。
これは、一見正解のようにも思えますが、実は、少し違います。

確かに、化粧水の一番の役割は、お肌に潤いを与え、乾燥を防ぐことにあります。
乾燥したお肌では、後に続く、美白美容液や美白クリームの成分が、しっかりとお肌の奥にまで浸透しないからです。

それならば、やはり、化粧水によって、「水」をたくさん与えて、お肌が乾燥しないようにすればよいのでは、と考えてしまいますよね。
でも、そうではありません。

化粧水が与えなければならないのは、「水」すなわち「水分」ではなく、「保湿成分」なのです。

例えば、砂漠を想像してみてください。
砂漠にいくら雨が降っても、それは一時しのぎ。
直接、地に降った雨は、あっという間に蒸発してしまいますよね。
水をどこかに溜めておくことができなければ、意味がありません。

私たちのお肌も、これと同じです。
いくら水分を与えたところで、お肌自体に保湿する能力が携わっていなければ、乾燥肌の根本的な解決にはならず、美白美肌への道は、程遠くなってしまうのです。


セラミド配合の化粧水こそ、美白美肌の救世主!

それでは、具体的に、どのような保湿成分を含んだ化粧水を選べば、美白美容液や美白クリームの効果を実感できる、「うるおい肌」を実現することができるのでしょうか。

そのヒントは、私たちのお肌の中にあります。

実は、私たちのお肌には、生まれつき、保湿成分が含まれています。
その中でも、抜群の保湿力を誇るのが、セラミドと呼ばれる保湿成分です。

セラミドは、私たちのお肌の中で、水をしっかりとつかまえて離しません。
たとえ、周囲の湿度が0%だったとしても、セラミドと結合している水は、蒸発しないとさえいわれています。
驚きの保湿力ですよね。

そんな素晴らしいセラミドなのですが、天敵が存在します。
それが、加齢です。
私たちが年齢を重ねていくにつれ、お肌の新陳代謝が悪くなってくると、セラミドの数はそれに応じてどんどん少なくなってしまうのです。

クレオパトラも楊貴妃も、加齢だけには敵いません。
もう、赤ちゃんのようなプルンプルンのお肌に戻ることはできないのか…。
そう諦めてしまう前に、試してみたいのが、セラミド配合の化粧水です。

特に、「ヒト型セラミド」を配合した化粧水は、お肌が本来持つ保湿力をもう一度よみがえらせることが可能だとされています。

その中でも、イチオシなのが、小林製薬の「ヒフミド エッセンスローション」です。

ヒフミドエッセンスローション
ヒフミド エッセンスローション
120ml・3,000円 / 180ml・4,300円

お肌の奥まで浸透し、「うるおい肌」を実現してくれる一本ということで、口コミでも評判の化粧水です。 トライアルセットもありますので、おすすめです。

ヒフミドトライアルセット

ヒフミド

小林製薬のヒフミド
980円(税込)送料無料

クレンジングミルク(メイク落とし)
ソープ(洗顔ソープ)
エッセンスローション(保湿化粧水)
エッセンスクリーム(保湿クリーム)
UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地)
トートバッグ

小林製薬ヒフミドの口コミ

トライアルセットはこちら

美白へとつながる化粧水を選ぼう!

このように、化粧水は、後に続く美白化粧品の先駆けとして、お肌のコンディションを整える大切な働きを担っています。

美白というと、ついつい美容液やクリームにばかり目がいってしまうところですが、それもこれも、まずは「うるおい肌」という土壌があってこそ。
アラサー、アラフォー世代は、特に、お肌が乾燥に偏りがちのため、決して、化粧水選びを怠ってはなりません。

高い美白グッズを揃える前に、セラミド配合化粧水で、お肌の内側から、美白美肌を目指したいものですね。

ホントに大事!美白には美容液を使おう!

美白化粧品といえば、真っ先に思いつくのが美白美容液です。
どんな美白美容液を選び、どのように使うか、ということが、10年後のあなたのお肌を左右すると言っても、決して言い過ぎではありません。

白いお肌は女性の憧れです。
ところが、アラサー、アラフォー世代になると、元々色白であった人も、少しずつお肌がくすんで見え始めます。
さらに、美白の大敵であるシミが、一つ、また一つ…と増え始めて、放っておいたら、顔中に広がっていたという、ホラー映画のような怖い事態も、あながち大げさな話ではないのです。

そうなってしまう前に、毎日のケアに取り入れたいのが、美白美容液です。
「化粧水や乳液は使っているけれど、美容液は値段も高いものが多いし、種類もたくさんあって、どれを使っていいのやら…。」と敬遠していたあなた。
未来の自分自身に恨まれてしまわないように、今回は、美白美容液の重要性と選び方について、確認してみましょう。

美白美容液は、各メーカーの最高傑作?!

仕事や家事、子育てが忙しくて、化粧水や乳液を使うだけでも精一杯なのに、さらに美白美容液を使うなんて、時間もお金も余裕がない、という人も多いですよね。
「そもそも、『美容液』って何?」という声も聞こえてきそうです。
実は、厳密には、「こういうものが『美容液』だ」という決まりがあるわけではありません。
多くのメーカーは、美白やシワ、保湿などに効く有効成分を濃縮して加えた化粧品を「美容液」としてラインナップしています。

そのため、美容液は、各メーカーの技術の最高傑作とも言えるものが揃います。
これを美白に利用しない手はありませんよね。

それでは、具体的に、どのような美白美容液を選べば、シミのない美しいお肌を目指すことができるのでしょうか。

「医薬部外品」の美白美容液を試してみよう!

美白美容液を選ぶ際の一助になるのが、「医薬部外品」という表示です。
ドラッグストアやデパートの化粧品売り場などで、いくつかの美白美容液のパッケージを見比べてみてください。
よく見ると、中には「化粧品」ではなく、「医薬部外品」という表示のあるものがあります。
これは、「薬用化粧品」とも呼ばれ、「医薬品」すなわち「薬」「化粧品」のちょうど中間のものを指します。
「医薬部外品」は、薬のように治療するためのものではありませんが、厚生労働省の許可した有効成分が、必ず一定量以上含まれているものでなければなりません。

もちろん、だからといって、「医薬部外品」と分類されている美白美容液の方が、必ずしも、「化粧品」とされている美白美容液より、よく効くと決めつけることはできません。
けれども、間違いなく有効成分が含まれているという意味では、安心して試してみることができるのではないでしょうか。

ただし、有効成分がきっちり含まれている分だけ、お肌に刺激が大きい可能性もあります。
薬ほどではないとはいうものの、アレルギー体質や敏感肌の人は、副反応にも気を付けながら、パッチテストを忘れずに行いたいところですね。

美白美容液は有効成分で選ぼう!

それでは、具体的に、美白美容液によく含まれる美白の有効成分とは、どのようなものがあるのでしょうか。

美白美容液の選び方の参考に、代表的な美白成分をいくつか紹介してみましょう。

①ビタミンC誘導体 美白成分の中でも、最も馴染みが深いのが、このビタミンC誘導体ではないでしょうか。
ビタミンCを変形したもので、お肌に取り入れやすくなっているのが特徴です。
シミの原因となるメラニンを還元する作用があると考えられています。

②アルブチン メラニンが生成される際、チロシナーゼという酵素が働きます。
そのチロシナーゼの邪魔をすることで、シミを防ごうとするのが、アルブチンです。
コケモモに含まれている美白成分です。

③ハイドロキノン 医薬部外品の有効成分としては認められていませんが、2001年から化粧品に配合することができるようになったのが、ハイドロキノンです。
欧米では、美白成分といえば、ハイドロキノンを思い浮かべる人がほとんどだといわれるほど、有名な成分です。
ただ、お肌への刺激も強めですので、上手にお付き合いしたい美白成分ですね。

美白を目指す人にとって、絶対に外せない美白美容液。
まずは、どのような美白成分が含まれているのかをよく確認し、頼りになる1本を見つけ出してくださいね。

気になるシミには美白クリームを!

鏡を見ていると、だんだん気になってくるお肌のシミ。
特に、アラサーアラフォー世代は、今まで蓄積されてきたお肌トラブルが一挙に噴出してしまう時期です。
日に日にシミが濃くなってきているように感じるのは、決して思い過ごしではないのかも知れません。

そんな私たち女性のお肌の強い味方となってくれるのが、美白化粧品です。
その中でも、美白クリームは「ここを集中的に美白したい!」という人にとって、非常に有難いアイテムです。
化粧水や乳液などは、どちらかというと、全体的なお肌トラブルを改善するのが得意なスキンケアグッズ。
もちろん、化粧水で「このシミを狙って…」という使い方も可能ですが、そこは、適材適所。
美白クリームを効果的に使って、気になるシミにアプローチしてみましょう。

徹底分析!美白クリームは予防型と消去型!

美白クリームと一言でまとめても、成分や用途は様々です。
「お肌全体の色をワントーンアップしたい」、「これ以上、目立つシミを増やしたくない」、「できてしまったシミを少しでも薄くしたい」など、自分の目的に応じて、使う美白クリームを慎重に選ばなければなりません。

美白クリームは、大きく分けて二つのタイプに分かれます。
それぞれのタイプ別に、有効成分や美白に効くメカニズムを徹底分析していきましょう!

予防型美白クリーム

一つ目は、今よりもシミやくすみを増やさないことを目指す「予防型」の美白クリームです。

シミの原因は、お肌の奥深くにあるメラノサイトという部分で、メラニン色素が過剰に作られることにあります。
予防型の美白クリームは、このメラニンの生成を妨げることによって、シミができないようにするというタイプのものです。

このタイプの美白クリームには、通常、アルブチン、ルシノール、プラセンタエキスなどの美白有効成分が配合されることが多いでしょう。
これらの美白成分は、どれも、チロシナーゼという酸化酵素を抑制する働きがあると考えられています。

チロシナーゼは、メラノサイトの中にある酵素で、チロシンと呼ばれるアミノ酸を黒色メラニンに変えてしまいます。
このチロシナーゼの働きを阻害することができれば、シミのもとになるメラニンの生成も減少させられるという考えに基づき、開発が進められているのが、予防型の美白クリームなのです。

その中でも、アンチエイジング世代に人気なのが、富士フィルムの「アスタリフトホワイト」シリーズの美白クリームです。

アスタリフト
アスタリフト美白クリーム
30g・5,400円

先ほど挙げた美白有効成分の一つ、アルブチンが配合されています。

アスタリフトホワイト美白トライアルセット

ヒフミド

アスタリフトホワイト
1,000円(税込)送料無料

ホワイトブライトローション(美白化粧水)
ホワイトエッセンスインフィルト(美白美容液)
ホワイトクリーム(美白クリーム)
ジェリーアクアリスタ(先行美容液)

アスタリフトホワイトの口コミ

トライアルセットはこちら

消去型美白クリーム

二つ目は、今あるシミを何とかして消す、もしくは、消えないまでも薄くするということを目標に掲げる「消去型」の美白クリームです。
このタイプの美白クリームで活躍する成分は、なんと言っても、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、「お肌の漂白剤」とも呼ばれ、日本では、元々、医療用としてのみ、使用が許されていました。
現在は、薬事法の改正により、化粧品にも使用することが可能になりました。

ハイドロキノンは、チロシナーゼを抑制するだけでなく、メラノサイト自体の動きを抑えることができると考えられています。
強い効果が期待できますが、その分、配合濃度を誤ると、お肌に大きな刺激となってしまう可能性がありますので、その点には注意が必要です。
きちんと管理されているドクターズコスメの中から、お気に入りを見つけるようにしましょう。

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」シリーズの「クリームAO」は、新安定型ハイドロキノンが配合されたおすすめの1本です。

ドクターズコスメという点も嬉しいですね。

ラグジュアリーホワイト
ラグジュアリーホワイト クリームAO
30g・19,440円

ラグジュアリーホワイトトライアルセット

ラグジュアリーホワイト

アンプルールラグジュアリーホワイト
1,890円(税込)送料無料

コンセントレートHQ(集中美容液)
ローションAOⅡ(化粧水)
薬用アクティブフォーミュラ(薬用美白美容液)
エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル)
メイク落とし、洗顔料(各パウチ2包)

アンプルールラグジュアリーホワイトの口コミ

トライアルセットはこちら

あなたにピッタリの美白クリームを見つけよう!

このように、美白クリームは、自分のお肌の悩みに応じて、きっちりと使い分けるのがポイントです。
そして、さらに、クリームの特性を生かし、気になる部分にしっかりと重ね付けしておきましょう。

夜に使用した美白クリームは、あなたが寝ている間も休むことなく、お肌に働きかけ続けてくれます。
次の日、鏡を見るのが楽しみになるような…。
そんな最高の美白クリームと出会えれば、美白美肌への道は前途洋洋です。

美白化粧品ランキング1位はアヤナス

美白化粧品効果1位アヤナス

1,480円(送料無料)

アヤナスはお肌の土台を整えるのはもちろん、敏感肌ケアとエイジングケアも同時に行ってくれる優れもの。
肌のバリア機能を高め、ハリと弾力のある美しい肌に導いてくれます。
セラミドの生産量は年齢と共に減少していくので、美白をしたい人にはエイジングケアが大切です。
低刺激なので、敏感肌の人でも安心して使える点も◎
シワが気になってきた人、アンチエイジングもして美白もしたい人にはおススメの化粧品です。

美白化粧品効果1位アヤナス商品レビュー