人気美白化粧品メインイメージ

美白化粧品が効きにくい肌質とは

美白を目指して毎日スキンケアをがんばっているのに「いまいち効果がでない」という方の中には「化粧品が肌に合っていないからかも…」と、すぐに使用をやめてしまう方がいます。
そして再び別の美白化粧品を買い求めてはやめてしまう。

あなたのお宅に使いきらない化粧品はどの位ありますか??
もし、いくつも使いかけの化粧品があるとしたら、あなたがこれまで美肌・美白に投資したお金はかなりの額ではないですか?
それだけお肌に投資しているのにも効果が出ないとしたら悲しくなりますよね。

しかし、ここで一言申し上げたい。
もしかしたら、あなたの肌に効果が出ないのは「化粧品が肌に合わないから」ではないのかもしれませんよ。

何を使っても効果が出ないという方の多くが、化粧品ではなく、本来のお肌が原因なのです。
それに効果を感じる時間は肌質によって違うということをご存知ですか?

今のお肌状態や肌質によっては、どんな美白ケアをしてもすぐに効果を感じることはできないのかもしれないのです。

美白が効きにくい肌質

そもそも肌が美白になるというのは、どのような経過をたどるのでしょうか?

肌というのは、薄い皮膚が何層にも重なって出来ていて、一番上の肌は一定期間を過ぎると自然に剥がれ落ち、次の肌が上に上がってきます。

この経過を「肌の生まれ変わり」「ターンオーバー」といいます。恐らく聞いたことがあるでしょう?
ターンオーバーの期間は肌質によって異なります。
加齢も影響しますが、肌本来が持つ力新陳代謝の働きによって変わってきます。

ターンオーバーがきちんとされている肌は、新しい肌に変わるのも早いのでそれだけ美白化粧品の効果も早くでます。 しかし、ターンオーバーがうまくいかない人は、一番上の皮膚が長く留まっていることになり、皮膚は厚くなり、なかなか効き目が実感できません。
人によってはケアする前より肌の悪化を感じる方もいるほどです。

敏感肌だと美白化粧水が効きにくい!

では、ターンオーバーの遅れと肌トラブルの原因は何なのでしょうか?

答えは…「敏感肌」です。

「敏感肌」というのは皮膚の病名ではありません。
アトピー性皮膚炎、慢性皮膚炎などは皮膚の病名ですが、敏感肌というのはもっと感覚的なものです。

文字が示す通り、外からの刺激に対して普通以上に敏感に反応する肌のこと。 外からの刺激は様々ですが、温度、摩擦、化粧品成分、ほこり、花粉等があります。 敏感肌の方は、元々刺激に対して過剰に反応してしまうだけでなく、肌本来のバリア機能が低いという所が重要なのです。

その為、新陳代謝が衰え、皮脂分泌も過剰になっているはず。
この皮脂過剰の肌状態こそ、シミが生成されやすい状態と言えます。 バリア機能が低いため、紫外線などの美白によくない刺激が浸透しやすく、シミが生成されやすい肌に染み込んだ紫外線はすぐに肌トラブルを起こします。

敏感肌というのは「美白ケアの準備が出来ていない肌」なのです。
だから効き目が実感出来ない。敏感肌で美白を目指している方は、普通肌の方よりも化粧品選びが重要です。
単に美白だけを目的としている化粧品でケアをしていると、場合によっては敏感度が増し、肌状態が悪化することもあるからです。

敏感肌の人は化粧品の選び方に注意

敏感肌の人は、肌のバリア機能をアップさせ、肌状態を健康にしながら美白が出来るスキンケアが適しています。 バリア機能が弱い肌の状態で、美白だけを求めても肌は悪循環にはまってしまいます。本来持つ肌状態を良くすることで、外部刺激からお肌を守り、更にはメラニンや皮脂の過剰生成も抑えられます。

それはつまり、肌への有効成分が浸透しやすいということになるので、美白効果が実感出来る期間も短縮されるはずです。美白化粧品はたくさんの種類が発売されていますが、敏感肌の方が使って刺激がないものは限られています。

しっかりと敏感肌への理解と研究を深めて発売されたスキンケアを使うことが非常に重要だと言えるでしょう。

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら