人気美白化粧品メインイメージ

美白化粧品が効くシミときかないシミ(脂漏性角化症、花弁状色素班)

私たちは日常生活において、常に紫外線にさらされています。
曇っていても、冬の日差しでも紫外線は注がれています。
目には見えないけれど存在している紫外線の怖さについては、殆どの方がご存知だと思います。

紫外線がお肌にとって危険だということが解りはじめ、私たちは日常的に紫外線を意識するようになりました。

UVケアやUVカットの日傘、帽子、手袋など、万全に対策しているつもりでも避けきれないのが紫外線の怖さ。
外出する時に気をつけるだけでは足りないからと、熱心にケアされている方も増えています。

紫外線対策には起きく分けて2つあります。
一つはなるべく浴びないようにガードすること。そしてもう一つは、紫外線に浴びた肌をケアすること。

近年、紫外線を浴びてしまった肌をケアするためのスキンケア化粧品は次々と発売されています。
美白ブームに乗って「美白化粧品」とも言えますね。
浴びてしまった紫外線をケアなく放置すれば、日焼けが定着するだけでなく、トラブルを起こしやすくなります。

美白化粧品は肌全体をワントーン明るくしてくれるだけでなく、すでに出来てしまったシミやソバカスも少しずつ薄く目立たなくしてくれるという点が女性にうけているでしょう。
「出来てしまったシミは仕方がない」と諦める必要はないのです。

ところで、美白化粧品でシミは本当に色が薄く目立たなくなり消すことが出来る?と疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、ここではシミについてお伝えしていきます。

シミと一言で言っても大きく二つの種類があります。

シミの種類

老人性疣贅(ゆうぜい)(脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう))

イヤな言葉で言えば「年寄りイボ」なんて言われるシミです。
加齢に伴うお肌の老化が原因で出来るシミですが、若い方にも出来ることもあります。 特徴としてはシミが成長すること。 最初は数ミリの小さなシミですが、年々成長して2.3センチになってしまうことも。 「年寄りイボ」と言われるように、触るとざらっとしています。 色は茶褐色、黒などで、隆起するものもあり、顔以外の皮膚にも出来ます。

花弁状色素班

花びらのような小さなシミのことで、日焼けを繰り返すことで出来ます。
日焼けして数か月で出来ることもあれば、数年たってから出来ることもあります。 顔以外に背中や二の腕に出来ている方が多いのが特徴でしょう。 どちらかといえば、元々色白の人が出来やすいシミです。

美白化粧品の効果

シミの種類によって美白化粧品の効果は変わってきます。
隆起して出来た老人性疣贅は、美白化粧品で消すことは中々難しいかもしれません。
治療法としては、レーザー治療や冷凍療法、あまりにも大きい場合は切除することもあります。
花弁状色素班は日焼けが原因で起こりますので、日焼け後のケアがとても大切です。 美白化粧品の中でも、肌のターンオーバーを活性化し、肌そのものを健康にしてくれるものを選ぶといいでしょう。

肌の健康は、紫外線による刺激にも強くなり、メラニンの過剰分泌も抑えてくれます。
長期的にケアしていくことで、出来てしまったシミも次第に薄く目立たなくなり、気が付くと消える可能性が高いです。

そのためには、スキンケア化粧品選びが重要ですね。

とにかくガード+ケアですよ。

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら