人気美白化粧品メインイメージ

美白化粧品を使ってからシミが濃くなった気がするのは何故?

美白化粧品が注目される理由には、肌そのものの色をワントーン明るくしてくれることは勿論ですが、すでに出来てしまったシミやソバカスを目立たなくしてくれる効果に期待が集まっています。

しかし、美白化粧品を使えば必ず効果が出るというものではないのだということを忠告しておきたいのです。

近年の化粧品業界における肌研究の発展は著しく、紫外線・花粉や黄砂・化学物質などによる肌トラブルについての研究は一昔前と比べると格段に進歩しました。 研究進歩の背景には、それだけ肌トラブルを訴える人が増えていること。

肌トラブルを抱えている「敏感肌」に対する意識が変わったということがあげられます。
しかし、美白化粧品の中には健康肌を基準に作られている化粧品もあるということを忘れないでください。

「敏感肌」というのは、常に肌トラブルを抱えているお肌のことです。
外部からの刺激に対する抵抗力が弱いため、過敏に反応してトラブルを起こしてしまうのです。
敏感肌だと自覚している方は、”自分の肌に合う化粧品を使う”ことが大切です。

肌トラブルには様々なものがありますが、肌の乾燥、吹き出物、シミ、シワ、ソバカス、ニキビ、くすみ、たるみ…等、女性にとっては望ましくないものばかりです。

特に歳を重ねるごとに気になるのが「シミ」
一般的にシミと聞くと「年寄り」のイメージがありますよね? シミには「老人性色素班」という名称がついているものがありますが、早い方では20代から出来始めます。 「20代で老人性?」と驚かれる方もいらっしゃると思いますが、お肌のピークは20歳を超えるとどんどん下降していきます。

敏感肌は紫外線によるシミができやすい!

シミが出来る主な原因は紫外線です。
お肌が紫外線の影響を受けて、メラニンを作りだします。 健康な新陳代謝が活発な肌であれば、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が滞りなく繰り返され、メラニンは自然と排出されます。

しかし、敏感肌のように肌そのものの力が弱った不健康状態の場合、新陳代謝が上手く機能しないため、メラニンが蓄積されてしまうのです。

その結果、メラニンが排出されるより蓄積される量が多くなり、シミとなって現れる。 見えないけれど紫外線って怖いですね。

美白化粧品を使うとシミが濃くなるように見えるのは?

シミは女性にとってイヤな存在。
美白化粧品でケアをして、どうにか目立たなく、消し去ってしまいたいと頑張っている方は大勢います。しかし、一部の方の中から「美白化粧品を使ってからシミが濃くなった気がする」という声が上がっています。これは一体どうしてなのでしょうか?

その理由は単純です。
美白化粧品の成分は、メラニンが多い箇所より、少ない箇所の方が浸透しやすいという特性を持っています。何も出来ていない箇所の方が成分が効くのは、なんとなくわかりますよね。その結果、シミがない肌は効き目が早く白くなりはじめる為、元々あったシミが前より目立つのです。

シミが目立ち始めたことにショックを受けて、美白ケアを辞めてしまう方もいます。
しかし、ここでやめてはいけません。メラニンが蓄積したシミを撃退するには、ある程度の時間が必要なのです。最低3カ月から半年は使い続けて欲しいのです。半年を超えた頃、気が付けばシミは薄く目立たなくなっていきます。

美白化粧品でケアする時の注意点としては、シミを消そうとケアしている間も、私たちは紫外線にさらされています。シミを消すことだけに捕らわれて、今現在の紫外線対策を怠ってしまっては、元も子もありません。 紫外線を浴びすぎたと感じたら、いつも以上に美白ケアを徹底しましょう。
そうすることで、出来てしまったシミも必ずや撃退することが出来るはずです。

濃くなったと思うのは、それだけ美白成分が効いているということ。
しばらくの間我慢して、ケアを続けてみてくださいね。

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら