人気美白化粧品メインイメージ

美白に大切な事はずばり「保湿」

お肌の悩みで必ず挙げられるのが「乾燥」
ドラックストアや化粧品売り場に行くと、「潤い」「しっとり」「保湿」など肌の乾燥を防ぐものがたくさん並んでいます。

手あたり次第、次々とスキンケア用品を購入しては、結果に満足せずに「スキンケア難民」になっている方も多いのではないでしょうか。

それほどまでに保湿に必死になるのは、お肌にとって乾燥がどれだけ大敵で、保湿がどれだけ大切なのかがわかっているからなのでしょう。

美しく白い肌に、保湿は欠かせません。

お肌の「バリア機能」とは?

元々お肌というのは、とても薄い層で出来ています。
人によって肌の厚さには差がありますが、一般的には0.02mmの肌が10~20層重なっています。 肌は層となって外部からの水分侵入を防ぎ、同時に内部からの水分蒸発も防ぐ役割をしています。この働きをお肌の「バリア機能」と言います。

お風呂やプール、海水浴をしている時に肌から水が入らないのはこのバリア機能のお陰です。
しかし、このバリア機能を別の側面から見ると、それだけ外部からの水分を入れることが難しいということ。
つまりは、スキンケアによる化粧水や乳液、クリームなども浸透しづらいということを意味しています。

肌は触ると柔らかいですよね?
これは、有る程度の水分が保たれていて保湿されているからなのです。 乾燥が進むと皮膚が硬く、なめらかに感じなくなってしまいます。 肌の角質層は3種類の水分で保湿されています。 2~3%を皮脂膜、17~18%を天然保湿因子、残りの約80%がセラミドという角質細胞間脂質です。

 

脂性肌の人こそ肌が乾燥する!?

肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂分泌が盛んになります。
皮脂が分泌される肌を「脂性肌」といいますが、脂性肌の方の中にはご自身の乾燥肌に気が付いていない方がいます。 むしろ、脂が出るからといって過剰に皮脂を洗い流してしまい、保湿しないまま過ごされている方が多いです。

皮脂というのは、お肌の水分を保つ役割を担っています。
その為、皮脂を洗い流し過ぎてしまうと、肌水分が保てずに乾燥を進めてしまいます。 乾燥すると、外部からの刺激にも弱くなるため、肌トラブルを抱えることになります。

対してお肌の保湿がしっかりされていると、外部からの刺激にも強く、肌内部の水分も蒸発しすぎことがありません。 保湿成分のしっかり入った”お肌に合うスキンケア”で、肌の保湿力そのものを高めることが大切なのです。

 

アルコールの入った化粧品は肌を乾燥させる

スキンケア製品は数えきれない位発売されていますが、アルコールが含まれたスキンケア製品は、肌の乾燥を進めることがありますので注意が必要です。 メイク落としもオイルよりクリームやジェルタイプのものがおススメです。 セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が入ったスキンケアがあれば、一度試しに使ってみてお肌に合うかどうか確認してみましょう。

肌にあったスキンケアで保湿を続けることで、肌本来の機能を高め、乾燥肌の対策になります。
健康的な肌を手に入れるためには、自分の肌に合う化粧水や美容液を選び保湿することが大切なのです。

市販されているスキンケアの中には、乾燥を進めてしまう可能性がある成分を使っていながら「潤い」「しっとり」などと保湿をイメージさせるキャッチフレーズで発売しているものもあります。

本来の肌機能を研究し、一時的ではなく長期的に肌機能を回復しながら、保湿出来るようなスキンケアを心がけましょう。

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら

ページトップへ
美白に欠かせないのが保湿ケアです。肌に潤いを与えないと効果的な美白ができません。肌機能を高めるために、肌の保湿力を高め、肌トラブルを起こさないようにしましょう。乾燥肌の人はもちろん、意外に見落としがちなのが脂性肌の人。肌質に関係なく、化粧水で毎日ケアしましょう。