人気美白化粧品メインイメージ

美白ケアは季節によって変えるべき?

お肌を美白に保つためには、季節ごとにケア方法を変えることをおススメします。
何より意識したいのが、美白の大敵とも言える「紫外線」対策。

ここでは、季節ごとのケア方法のポイントをご紹介します。

季節ごとの美白ケア

春の美白ケア

紫外線は夏だけ意識すればいいと思われている方もいらっしゃいますが、実は春からケアすることが大事。
紫外線量のピークは初夏から夏ですが、4月~9月位までは紫外線からお肌を守りましょう。

特に春のお肌は紫外線に無防備です。
冬の間は紫外線が少ないため、紫外線からお肌を守るメラニン色素が少ないのです。
冬の終わりと同時に紫外線量は一気に増加しますが、お肌がそれに対応出来ずにいます。

そのため、SPF10、PA+などの紫外線対策のある下地クリームやファンデーションでケアしましょう。
春は紫外線以外にも気温の寒暖差が激しく、風も強いので、肌にとっては刺激が多い季節。

紫外線対策とともに、毎日しっかりと保湿して潤いを保つことがポイントです。

夏の美白ケア

紫外線量がピークになる夏の時期は、春と同様にSPF10、PA+でのUV対策は必須です。
また、冷房による乾燥も気になる季節。
リゾート地で遊ぶ時には、日焼け止めが必須です。
夏の時期は汗をかきやすく皮脂分泌も盛んな季節なので、他の季節よりさっぱりとした付け心地の化粧水にするといいでしょう。
外気と冷房の室内を行き来することで、汗をかいたまま肌が放置されることになります。

毛穴が気になる方は、ビタミンCが含まれる食品を食べたり、ビタミンC誘導体でケアすることで毛穴は引き締まってきます。

汗をかくこの季節は、一日の終わりにしっかりと汗を洗いながし、たっぷりと保湿ケアをしていきましょう。

秋の美白ケア

夏の紫外線で受けたお肌のダメージが一番残る秋。
紫外線によるダメージは、肌の新陳代謝を低下させてしまいます。
その為、肌が厚く古い角質が残りやすくなっています。

秋のスキンケアのポイントは「ターンオーバーの正常化」です。
古い角質を除去しながら保湿でお肌を整えていくこと。

10月を過ぎると乾燥も気になり始めますので、夏のダメージと乾燥を意識して、しっとりタイプのスキンケアで十分な保湿をするのがポイントです。

冬の美白ケア

乾燥が気になる季節の冬。室内では暖房も使うため、空気中の水分は常に乾燥している状態です。
無防備でいると、常に肌の水分が奪われ、乾燥している状態になります。
冬に意識したいのがとにかく潤い。保湿です。

ここでケアを怠ると、くすみの原因になります。
乾燥や外気の冷たさによってお肌がカサつきやすいので、一日の終わりには、たっぷりと時間をかけてお肌のマッサージをしてあげるといいかもしれません。
この時期はクリームや美容液など、保湿を強化するスキンケアを使うことをおススメします。

いかがですか?
こうしてポイントを見てみると、一年を通して紫外線対策と保湿が必要だということがお分りいただけると思います。 美白ケアの効果が発揮されるのは、秋から冬の季節です。 夏に受けた肌のダメージをケアし、ターンオーバーを促し、十分な保湿をすることで、日焼けしたお肌を美白に戻してくれます。

お肌が乾燥すると、シミやシワが気になるし、外部からの刺激にも弱く、トラブルを抱えやすいお肌になってしまいます。紫外線対策や保湿はトラブルに縁のないお肌に導いてくれます。
一年を通して、奥まで水分を浸透させるお肌にあったスキンケアを使ってケアしていきましょう。
美白へのポイントは、お肌にあったスキンケアを使い一年を通し、365日繰り返しケアしてあげることですよ。

私が一押しする美白化粧品

美白化粧品効果1位アヤナス

ディセンシアのアヤナス♪
1,480円(税込)送料無料


アヤナスは美白化粧品を選ぶ3つのポイントを押えた理想的な化粧品。

①肌の老化を抑え、アンチエイジングをしてくれる!
②肌に優しく、敏感肌でも安心して使える!
③肌の健康を取り戻し、美容成分が美肌&美白に導いてくれる!


トライアルセットはこちら